このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Bands

GARLICBOYS

GARLICBOYS

Peta (Vo)
Larry (G&Cho)
Pessin (B&Cho)
Ryo (Dr.Cho)

Who ?

かれこれ26年に及ぶキャリアにおいて生み出された楽曲からの、選りすぐりのキラー・チューンを再度レコーディングし直したアルバムだから『再録ベスト』??いかにも彼ららしい、飾りのないド直球なタイトルがバンドの強い自負と自信を伝えているようだ。そう、「あんた飛ばしすぎ」「YOKOZUNA」「ハッスルするっす」「泣き虫デスマッチ」など、この国のロック、パンク、ハードコア、メタル史に刻まれるべき数々のアンセムを響かせてきたGARLICBOYS初の試みとなる、その名の通りの“再録ベスト”が完成した。多くのキッズを幾度もモッシュ&ダイヴさせ、多くのバンドの指標として圧倒的な存在感を放ち続けている彼らの存在証明たる、濃密にして激アツな一枚だ。

1985年発表の「GARLICBOMBER」から、今のところの最新作となる『激情』(2008年リリース)収録の「失恋モッシュ」まで、200を越えるレパートリーの中から選ばれた全14曲は、ここで新たな魂とエナジーを吹き込まれ、見事に“2011年仕様”に生まれ変わっている。決して原曲が劣っているわけではないが、サウンドのエッジが際立ち、PETAのリード・ボーカルはより雄弁かつ伸びやかに。そして、LARRY(G)×PESSIN(B)×昨年新加入したRyo(Dr)によるアンサンブルは、堂々たる重量感とスピード感をたたえて疾走。“ガーリック今が最強説”がまことしやかにささやかれるほど、現在の彼らはみなぎりまくっているご様子で、だからこそ必然的に作られた『再録ベスト』と言えるだろう。恐ろしくキャッチーな……というか、ほとんど呪いレベルの洗脳性を持ったメロディはやはり鮮烈だし、人生の悲喜こもごもを時に破顔必至のコミカルさで、またある時は落涙を禁じえないイブシ銀の哀愁感で描き切る手腕には改めて感服。この26年間、数多くのリスナーを虜にしてきたように、マキシマム ザ ホルモンやFACTらに入れ込む新しい世代のキッズも、不可抗力的に深淵なるガーリック・ワールドへと引き込んでいくことだろう。

毎年150本近いライヴをこなす彼らは、強者ぞろいのPIZZA OF DEATH RECORDS所属バンドの中でも随一のツアー・バンドであるGARLICBOYS。この『再録ベスト』でなにがしか感じ入るものがあったなら、ぜひライヴ会場にも足を運んでほしい。LARRYの唯我独尊MCには若干とまどうかもしれないが(最終的には爆笑間違いなし!)、全霊のパフォーマンスですべての魂を奮い立たせる、“本物のライヴバンド”の姿を目撃することになるはずだから。なお、初回プレス盤、およびPIZZA OF DEATH RECORDSTORE/GARLICBOYSライブ会場での購入者特典として、「白ブリーフ悪いか?絶対悪くない!!」「I WANT YOUR PANTY」を収録したボーナス・ディスクが付属。


News

More News


Release