5/15 “横山健の別に危なくないコラム”が書籍化「横山健 随感随筆編」発売決定

皆さんご存知の「横山健の別に危なくないコラム」が書籍化される事が決定!

2002 年――、まだネットが今ほど普及する前から、彼は音楽とは別の形で発言する独自
の場を作り、発信し続けてきたコラムの中から、「発信者として」「親と
して、家族として」「ミュージシャンとして、ギタリストとして」「日本人として」という4つのテーマに沿って選定され収録。さらに、特別書き下ろしとして、「なぜ、自分の考えを活字という形で表現するのか」について語った「イントロ」、そして、自身の思いを読者へ手紙形式で綴った「横山健からの手紙」も収められている。

この本には、タイトルどおり横山健という一人のパンクロッカーが、その時その時に何を感じたか、どのような葛藤を抱えていたか、どんな肚の括り方をしてきたか、文字として表現せずにはいられなかった彼のもうひとつの「生きざま」記されている横山健初の書籍「横山健 随感随筆編」は5/15 発売!

『横山健 随感随筆編』 横山健・著
発売日 5/15
四六判上製 292 頁
定価 本体1,500 円+税
ISBN978-4-594-06986-5